最近のトラックバック

よろしければ!!

  • ポチッとよろしく!

Twitter 稼働中です♪

無料ブログはココログ

« 復活 | トップページ | 前倒し »

2012年4月 6日 (金)

新年度

いよいよ新年度の始まりですhappy01

今日は朝から天気も良く、桜も見事に咲き始めましたcherryblossom

子ども達も今日から学校です。クラス替えはどうだとか、先生はどうだとか…

朝から、そんな期待を話しながら登校していきました。

まぁ、こればかりは、本人達の希望通りにいかないことの方が多いので(笑)、帰宅してから何を話し始めるか、何と言ってなだめるか…coldsweats01

昨日はテレビで「ブラックボード」という、3夜連続の学校のドラマを観ました。

昨日は第1夜、戦中、そして戦後の、教師の話しでした。

自分の親の世代は戦争を経験しているので、あまり話さないまでも、それとなく、なんとなく、たまに話す言葉で、知っています。

その後は、自分の後付けの、学校教育だとか、小説や本の、知識になります。

(いや、本当は知識という言葉で、「知っている」という事すらも、怪しいほどなの理解なのですが)

学校。

難しいです。

今、教壇に立つ先生方は、何も思い、何を感じて

日々、生徒と向き合い、黒板に記しているのでしょう。

学校を出たての若い人間が「先生」と呼ばれ、一年経つ頃には「先生」になります。

本当の意味での「先生」とは?

一度、黒板にチョークで字を書いたことがある方なら分かると思いますが、「黒板」は決して書きやすいものではありません。

そこに記す「言葉」に何をこめているのでしょう。

生きていく「覚悟」と、人に何かを「教えて」いく「怖さ」は?

「先生」は「職業」なのでしょうか。

例えば、物が壊れたから釘を打って直す、ペンキが剥げたから塗り直す、転んでケガをしたから絆創膏を貼る…

それは、とても分かりやすいことです。

けれど、「人」が「人」に、教える、ということは、簡単なことではありません。

ただ「伝える」だけでも大変なことなのに、「教える」ということは…

出来る事なら、子どもには、多少でも覚悟を持った方に、巡り合ってほしい、です。

(たまたま、よく理解できない方にお会いすることが多かったので)

さぁ、新年度ですsign01

自分もwink

新たな気持ちで、頑張っていきましょうgood

« 復活 | トップページ | 前倒し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生の不祥事、よく耳にしますよね(-_-;)
ストレスがたまっているのだ…と、どこかのコメンテーターが言っておりましたが…
そのはけ口にさらされた生徒は溜まったもんじゃないですよねangry
自覚が乏しいのでしょうか…志が低いのでしょうか…
それを求めてはいけないのですかね~;

お子さんたちの新学期はいかがだったでしょうか~(^◇^)
ほんとですね~新たな気持ちで スタート!ですねshine

今日から新しい年度も本格的に始動ですね。
我が家の前もブカブカの制服を着た子達が通って行きました。
今年は寒いので桜の歓迎はもう少し先になりそうですがsweat01

私の父も教師でした。
戦中・戦後に教育を受けた世代です。
厳しい父で苦手だったのですが、どのように考え・悩んでいたのか、このドラマで考えたいと思います。

第1夜のラストシーンにはcrying

>くーろんさん、こんにちはhappy01
そうですね。残念ながら、その様に見受けられる先生も…
常識の範囲で考えれば分かることが
なぜか通用しない世界が、時に、現れます。
もちろん、良き指導者であり、優れた方もたくさんいますが。
たまたま、私が巡り会わなかったのでしょう。
子ども達は、一人は「まぁまぁ」で友達とも同じクラスになり
もう一人は「これからの一年が苦痛」だそうですcoldsweats01
それも、良い経験っ!
まっさらな気持ちで頑張っていくしかありませんwink

>ルキノさん、こんにちはhappy01
今の時期ならではの、ぶかぶかの制服に、慣れないスーツconfident
街中には、たくさんの「新」が溢れていますshine
こちらの桜は咲き始めましたcherryblossom
そうでしたか…
戦中戦後の混乱期を過ごされたのですね。
私の父は戦争で片方の耳が聴こえなかったようでしたが…
あまり、話しをしませんでした。
今、自分が年を重ねる毎に、話しを聞いておくべきだったと
今更ながら悔やまれます。
ドラマは、そんな思いも、感じさせてくれましたclover

先生自身が、「先生」であるという事を自覚してくれてないと…

まだ小学生の姪が、昨年は「仲間はずれ」と「いじめ」の微妙な状態にされかけて。
でも担任の対応が悪く、いろいろな状況から逃げ腰で本当に困りました。
本当にこの学校はもうダメかもって思った時もありましたが
でも他の先生達に救われました。
先生によってこうも違うものかと、思い知らされましたね~

やっと待っていた新年度になりました!
進学したりクラスが変わればいろんな事が変わるし、
みんなに元気に頑張ってほしいなぁ~と思いますconfident

>たけこさん、こんにちはhappy01
そうでしたか、姪っ子さん、辛かったですね。
小学校は担任の対応次第でいかようにも変わると思います。
けれど、それを解決する術を知らない、しない、方もいます。
親が交渉していくしかないのですが、それもおかしな話です。
親が交渉する、ということは、では、先生方は一体?
表面的に関わっていない子供たちも、それは見ている訳で。
だとしたら、なおさら、きちんとした対応をしてほしい…
他の良い先生方がいらして良かったですconfident
進級することで変わることも多いので
今までの事が良い経験だったと話せるようになると良いですね。
新年度、大人も頑張りましょうnote

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576176/54403248

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度:

« 復活 | トップページ | 前倒し »

最近の写真

  • 2
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • A
  • 1
  • 2a
  • 1
  • 8
  • 11
  • 1