最近のトラックバック

よろしければ!!

  • ポチッとよろしく!

Twitter 稼働中です♪

無料ブログはココログ

« あく洗い | トップページ | トタン屋根 »

2011年11月18日 (金)

小説「親鸞」

小説「親鸞」
東京新聞の朝刊連載小説「親鸞」の文庫ですconfident

本当ならハードカバーで手元に置いておきたいところなのですが…

いかんせん、置き場所が見つからない(笑)ので、致し方なく文庫です。

けれど、文庫でも、その内容が劣る訳ではありませんshine

朝刊連載小説が始まった頃、それほど強く興味があった訳ではありませんでした。

五木寛之さんの小説を、それほど多く読んでなかったというのもあります。

それが、日が経つほどに、読み進めていくごとに、引き込まれていきました。

とりたてて宗教に興味があるわけでも、親鸞の生涯に興味があるわけでもありません。

人間の苦悩、奥深く沈む闇、気持ちの揺らぎ…

面白い。

いや「面白い」と言う言葉を当てはめて良いのか、分かりませんが、引き付けられる毎日。

現在、東京新聞では「親鸞 激動篇」が始まっています。

親鸞の苦悩は、より深く、闇は、なお濃く。

一体この先には何が待っているのか、明日が待ち遠しいですclover

« あく洗い | トップページ | トタン屋根 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんはぁ~!
そちらでも連載されてるんですねー^^
石川の北國新聞にも連載されてるんですよぉ~。
浄土真宗の土地柄、結構人気があるようですhappy01

>たみこさん、こんにちはhappy01
そうなのですかっnotes
連載されているのですねup
何だか嬉しいですconfident
もともと新聞小説は好きなのですが
これは別格ですgood
こんなに引き込まれるとは思いませんでしたshine
本当に毎日が楽しみですnote

こんばんわ

自分も毎朝読んでますよ。
シャチホコ市は中日新聞のお膝元なのです。happy01

親鸞さんの危機に「つぶての弥七」登場で、ワクワクです。catface

>maamさん、こんにちはhappy01
読者の方がたくさんいらして嬉しいですshine
毎朝、ドキドキ、ワクワクですconfident
本当に、こんなに楽しみにしているのは久しぶりですconfident
「つぶての弥七」登場っ!ですねwink
これからどう展開していくのか…
親鸞の心の内面も…
朝刊が待ち遠しいですnote

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576176/53272769

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「親鸞」:

« あく洗い | トップページ | トタン屋根 »

最近の写真

  • 2
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • A
  • 1
  • 2a
  • 1
  • 8
  • 11
  • 1