最近のトラックバック

よろしければ!!

  • ポチッとよろしく!

Twitter 稼働中です♪

無料ブログはココログ

« 3時のおやつ | トップページ | 雨漏り »

2011年9月21日 (水)

小説「模倣犯」

宮部みゆきさんの長編小説ですconfident

文庫版でも出ていますが、個人的には最初の大きい上下巻の方が好きです。

本って、今ではケータイでもスマホでも読めるものですが、やっぱり質感にこだわりたい。

金銭的、置く場所的な余裕でもって、もちろん、デジタル物を選ぶ時もありますが、とりあえず気に入ったものは(買うかどうかは別として)、まずは、紙の「本」で読みたいし、手元に置いておきたい。

もう10年位前の本になるんですかね~(いや~時間がたつのは早いものです)

犯罪被害者、加害者、取り巻く人々の立場から緻密に描かれていて、久しぶりに手に取った本として、これ以上ないくらい、濃密な時間をいただきました。

自称「天才」なんていうものは、かくも脆きもの。

各個人の描写が良いですよね。いろんな立場から見る事で深く事件の全貌を描いていく。

そして、潰れていく人間と先に進んでいこうと歩む人間の姿。

クロスしていく時間軸と空間軸のラスト。

初めて読んだのは図書館で借りてきた8年位前。

夜中まで止まらずに読み進めましたgood

止まらなくなるサスペンスものは寝不足になりますcatface

« 3時のおやつ | トップページ | 雨漏り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576176/52789548

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「模倣犯」:

« 3時のおやつ | トップページ | 雨漏り »

最近の写真

  • 1
  • 3_2
  • 1_2
  • 2_2
  • 6
  • 8
  • 3
  • 7
  • 5
  • 4
  • 2
  • 1